イタリア語翻訳

イタリア国旗

イタリア語翻訳は主に食品関連(パスタ、ジュース、チョコレートからビール、ワイン、惣菜など)やアパレル・装飾物関連のイベントなど展示会資料や広報翻訳依頼を頂いております。主要翻訳言語(ペア)は日伊・伊日翻訳で、主に食品製造業や各メーカー様などから多数のご依頼を頂いております。

「Webで翻訳」の最大の特徴は、当社が厳選したプロのイタリア語翻訳家へ直接依頼することで、どこよりも安い翻訳料金を実現!お客様ご自身でお見積を入手頂く事で、翻訳コスト減、納期短縮を図っています。更には「公募で翻訳」などは翻訳家間で入札競争原理が働くため、料金面での更なるコストダウンが可能です。翻訳料金は弊社統計データ上、翻訳会社(弊社も含め)が設定する通常価格の【3割減~半額程度】となっており公的機関・各大学・研究機関・法人・個人を問わずご利用頂いております。是非他の翻訳サービスと比較してみて下さい。

日伊・伊日翻訳料金の目安

ここからはイタリア語翻訳料金の目安について説明いたします。
以下の表は日伊翻訳と伊日翻訳をそれぞれのサービスでお申し込み頂いた場合の平均単価です。もし、はじめての依頼で「翻訳料金の検討がつかない」方は「公募で翻訳」をお薦めしております。また「内容が分かる程度で良い」「概略だけ知りたい」などお客様の用途やご予算に応じて翻訳家との料金交渉も可能です。お気軽に各翻訳家までメッセージをお送り下さい。

● 日伊翻訳料金の目安

日本語からイタリア語に翻訳することを、「日伊翻訳」や「和伊翻訳」といいます。
日伊翻訳の場合は原文の日本語 1 文字あたりの価格を記載しています。

分野 選んで翻訳 公募で翻訳
医学・医療・薬学翻訳 18-25円 15-22円
産業技術翻訳 15-18円 12-15円
法務・契約・特許翻訳 18-25円 15-22円
環境・エネルギー・生物翻訳 15-18円 12-15円
広報・広告翻訳 15-18円 12-15円
経済・金融・財務翻訳 15-18円 12-15円
建築・土木翻訳 15-18円 12-15円
IT・ローカライズ翻訳 15-18円 12-15円
一般文書翻訳 12-18円 10-15円

● 伊日翻訳料金の目安

イタリア語から日本語に翻訳することを、「伊日翻訳」や「伊和翻訳」といいます。
伊日翻訳の場合は原文のイタリア語 1 ワードあたりの価格を記載しています。

分野 選んで翻訳 公募で翻訳
医学・医療・薬学翻訳 20-28円 18-25円
産業技術翻訳 18-23円 15-20円
法務・契約・特許翻訳 20-28円 18-25円
環境・エネルギー・生物翻訳 18-23円 15-20円
広報・広告翻訳 18-23円 15-20円
経済・金融・財務翻訳 18-23円 15-20円
建築・土木翻訳 18-23円 15-20円
IT・ローカライズ翻訳 18-23円 15-20円
一般文書翻訳 15-20円 12-18円

【各翻訳家によって単価設定が異なります】

上記表はあくまでも登録翻訳家設定単価の平均値となっております。言語・依頼内容・納期・原文データ種類・また翻訳家のスキルや経験年数によって高い場合も安い場合もあります。各翻訳家の設定単価はプロフィールページを参照、お申し込み後は翻訳家から提示されたお見積内容(料金・納期)にてご検討ください。

※翻訳料金の交渉、安くなる依頼方法などは「翻訳料金について」をご覧ください

イタリア語について

イタリア語は、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属する言語の1つ、約6千万人が日常的に使用をしており、イタリア、サンマリノ及びスイス(ドイツ語、フランス語、ロマンシュ語と併用)で公用語とされています。公用語としてではありませんが、ドイツ、イギリス、ベルギー、ルクセンブルク、フランス、クロアチア、スロベニア、アルバニア、バチカン、マルタ、モナコ、リビア、エリトリア、ソマリアやアメリカ合衆国、ウルグアイ、ブラジル、アルゼンチン、ベネズエラ、オーストリアでイタリア系移民を中心に使われています。

【対象国の文化や習慣をくみ取る力】

他の言語の翻訳でも同じですが、翻訳サイトや翻訳ソフトで翻訳した場合、文字の置き換えは出来ますが、意味を解読できない翻訳がされることがあります。すべての翻訳に共通ですが、大事な事はその言語、国の文化や習慣、行間に隠された意味をくみ取って、違う国の言語にあった言葉にすることが大切です。

イタリア語自動翻訳(機械翻訳)は難しい?!

昨今は自動翻訳(機械翻訳)が進歩してきております。他の言語でもまだ完璧な翻訳とは言い難いですが、特にイタリア語の場合は言語的に日本語と異なる特性があるため、自動翻訳(機械翻訳)を使って翻訳すると正確な翻訳が出来ません。イタリア語は使用している人数が6000万人とそこまで多くなく、グローバルな世界で見ると需要がなさそうですが、イタリア独自企業体質等があり、イタリアのビジネスシーンや官公庁関連文書での英語浸透率はそう高くはありませんので、イタリア語への翻訳、イタリア語からの翻訳は必須となっています。イタリアは漢字で「伊太利亜」と書かれ、イタリア語は伊太利亜語、伊国と表記されます。

【翻訳依頼の際は用途を詳しく伝える】

場所、相手の状況、更には何の目的で使うのかなど可能な限りお申し込みの際に提示頂くとより適切な翻訳が可能になります。翻訳依頼をする前に読み手の状況を正確に把握し、目的にあった依頼を心がけましょう。

※翻訳開始「前」に「翻訳者へ提供するべき情報」をまとめています(Webで翻訳ブログ内)

翻訳家を探してみる

もっとイタリア語翻訳家を探してみる

実績一覧

※大部分の依頼者様が大学病院、研究機関、医療関係者の為、研究論文など機密性に特化した内容を含むことから、「選んで翻訳」にてご依頼頂いた案件は掲載しておりません

過去のイタリア語翻訳実績一覧を見る