翻訳料金について

翻訳家との直接交渉でどこよりも安い翻訳料金を実現!是非他翻訳サービスと比較して下さい!
「Webで翻訳」の最大の特徴はお客様ご自身で翻訳家よりお見積を入手頂く事で、翻訳コスト減、納期短縮を図っています。更には「公募で翻訳」などは翻訳家間で入札競争原理が働くため、更に料金面でのコストダウンが見込まれます。翻訳料金については、弊社統計データ上、翻訳会社(弊社も含め)通常価格の【3割減~半額程度】となっており公的機関・各種大学・研究機関・法人・個人を問わずご利用頂いております。

一般的な翻訳料金との比較!

ここからは翻訳料金の目安について説明いたします。
2つの表を比較してみましょう!

まずはじめに一般的な翻訳料金の目安です。これは一般的な実例の平均値を分野ごとに示した「めやす」です。
※出典先:一般社団法人日本翻訳連盟より
英日・日英翻訳の場合(単位:英日は原文の英語 1 ワードあたり、日英は原文の日本語 1 文字あたりの価格)

● 一般的な翻訳料金の目安

文書の種類/分野 英日翻訳:英文→和訳(税別) 日英翻訳:和文→英訳(税別)
コンピューターマニュアル 28円 20円
一般科学・工業技術 28円 21円
金融 30円 25円
経営管理・財務・契約書 30円 25円
医学・医療・薬学 35円 30円
特許明細書 26円 30円

● 「Webで翻訳」の翻訳料金の目安

次に「Webで翻訳」の翻訳料金の目安です。上記の一般的な翻訳料金の目安と比べてみれば一目瞭然!
もし、はじめての依頼で「翻訳価格の検討がつかない」方は「公募で翻訳」をお薦めしております。また「内容が分かる程度で良い」「概略だけ知りたい」などお客様の用途やご予算に応じて翻訳家との価格交渉も可能です。お気軽に各翻訳家までメッセージをお送り下さい。
英日・日英翻訳の場合(単位:英日は原文の英語 1 ワードあたり、日英は原文の日本語 1 文字あたりの価格)

文書の種類/分野 英日翻訳:英文→和訳(税別) 日英翻訳:和文→英訳(税別)
コンピューターマニュアル 6〜14円 5〜14円
一般科学・工業技術 7〜16円 6〜14円
金融 6〜16円 5〜14円
経営管理・財務・契約書 6〜16円 7〜14円
医学・医療・薬学 8〜16円 7〜14円
特許明細書 8〜16円 7〜14円

【各翻訳家によって単価設定が異なります】

上記料金表はあくまでも登録翻訳家設定単価の平均値となっております。言語・依頼内容・納期・原文データ種類・また翻訳家のスキルや経験年数によって高い場合も安い場合もあります。各翻訳家の設定単価はプロフィールページを参照、お申し込み後は翻訳家から提示されたお見積内容(料金・納期)にてご検討ください。

翻訳料金だけで判断するのは危険!

続いて翻訳料金と品質のバランスについて説明致します。
「Webで翻訳」の料金って本当に安いの?他の翻訳会社やクラウドサービスでもっと安いところがあるのでは?そんな風に思われるお客様もおられるのではないでしょうか。事実、料金だけみれば「Webで翻訳」より安い翻訳会社はございます。しかしその実情は残念ながら翻訳ソフトや海外の日本語学部や語学学校の生徒を使ったレベルの翻訳精度です。
本当に優秀な翻訳家は言語能力はもちろん経験・実績・知識・センス・応用力が必要とされ、これらを習得するまでに膨大な時間と費用と費やしております。無論、翻訳だけで生計を立てていることからある程度の翻訳料金になるのは必然です。

【担当する翻訳家を知ること】

翻訳は物品販売と異なり成果物の良し悪しが大きく異なります。一見誰がやっても同じ結果では?と思われがちですが、精度の高さには天と地との差があります。単価が安い!というだけで判断することなく、担当する翻訳家のスキル・実績・経験・対応力を踏まえた上で総合的に判断することが重要です(担当する翻訳家が誰かもどんな人かも分からないようなサービスは避けるべきです)

翻訳範囲を明確に!不要箇所は削除する!

続いてお見積依頼の注意点を説明致します。
「Webで翻訳」ではお申込み時にアップロード頂いた原文につきお見積を提示致します。特に翻訳対象範囲の指定がない場合は、原文の全文章を翻訳対象としてお見積を提示するよう指導しております。もし原文中に不要な箇所などがある場合は、事前に原文データから削除、若しくはお申し込み時の備考欄にその旨記載下さい。翻訳対象又は対象外の部分を明確にし、無駄なコストは避けましょう。

● 原文が編集可能なデータの場合(Text・Word・Excel・PowerPointなど)

事前に不要箇所の削除をお薦めします。削除が難しい場合は、お申し込み時の備考欄に翻訳対象部分または対象外の部分を明確に記載して下さい。

● 原文が編集不可能なデータの場合(画像ファイル・スキャンデータ・編集不可能なPDFなど)

お申し込み時の備考欄に翻訳対象部分または対象外の部分を明確に記載して下さい。翻訳終了後に不要箇所の返金や減額は対応できかねます。

【学術論文翻訳などを依頼する場合】

学術論文翻訳は当サイトでも最も多くご依頼を頂いております。ご依頼時には翻訳対象範囲を明確に絞る「指定」することで翻訳料金、納期が大きく異なりますので以下のように備考欄に記載頂くことをお薦め致します。
(例)翻訳対象はタイトル、アブスト、本文(イントロ~結論)まで※References、図表は無しとする

必見!翻訳料金を安くするには!

最後に依頼方法のコツについて説明致します。

● データ編

翻訳家が作業を行いやすいデータ形式で依頼すると安くなります。お薦めはText・Word・Excelなどの主要なデータ形式です。画像ファイル・スキャンデータ・編集不可能なPDFなどは作業に手間が掛かり、また特殊ソフト(IllustratorやInDesignなど)は所有また使いこなせる翻訳家が少ないことから割高になります。もしデータ変更や編集可能なデータをお持ちの際はそちらご利用頂く事をお薦め致します。

● 納期編

当然ですが、納期に余裕があればあるほど安くなります。「早割!」という言葉が定着したように翻訳も納期に余裕を持たせることで料金が安くなります。また繁忙期などは翻訳家のスケジュールに合わせることで値段交渉もスムーズに行えます。当然「短納期」「急ぎ」は逆に割高になります。

● 交渉編

「Webで翻訳」最大の利点でもある「翻訳家との直接交渉」を大いに利用して下さい。翻訳家間での競争を促すことで料金・スピード・品質・対応の向上に繋がり、それがお客様に還元され、更なるサービス向上に繋がります。また即決するので○○円にしてもらえませんか?など翻訳家お仕事の確保が直ぐにできるので有効な手法の1つです。逆に依頼が遅くなると他の案件別が入り、スケジュールの関係から応札を取り消す可能性もございます。

● まとめて依頼!継続依頼!

その他、ボリュームディスカウントや継続指名、評価入力の約束などで割引をされる翻訳家も多くございます。

【お客様・翻訳家の双方にメリットを】

お客様は1円でも安く・1秒でも早く!翻訳家は1件でも多く実績、評価が欲しい!双方ががプラスになるような交渉をすることが重要です。あまり厳しい値段交渉はマイナスになりますのでご注意ください。