翻訳はプロに任せたほうが良い?翻訳を外注すべき3つの理由

 

海外展開へ向けての翻訳プロジェクト、自社内製にするか、翻訳会社やオンライン翻訳サービスに外注するかで迷うこともあるのではないでしょうか。内製にすれば社内用語はもちろん、企業や組織の戦略や方針を十分に理解したうえで翻訳に取り組めますが、必ずしもメリットばかりではありません。今回は、翻訳プロジェクトを翻訳会社やオンライン翻訳サービスに任せるべきか、迷っている方に役立つ情報をご紹介します。

 

機械翻訳を使用するリスク

機械翻訳を使用すれば、誰でも簡単に翻訳作業ができる時代になりました。翻訳精度が向上したことにより、翻訳への壁が低くなったと感じている人は少なくありません。「無料の翻訳サービスがあるなら、利用しない手はない」と思うのも当然ですが、機械翻訳の使用に伴うリスクがあることも知っておく必要があるでしょう。

便利な機械翻訳ですが、自動翻訳された文章をそのままウェブサイトなどに掲載するとスパム行為とみなされてしまい、価値のあるコンテンツを提供しているにもかかわらず、評価が下がる可能性があります。翻訳精度が上がったとはいえ、機械翻訳には、翻訳の目標に重きを置いたスコポス理論に基づく翻訳ができる訳ではないことを理解しておきましょう。

 

翻訳を外注すべき3つの理由

翻訳を翻訳会社やオンライン翻訳サービスに外注したほうが良い理由についてご紹介します。

・誤訳の心配がない

新型コロナウィルスに関する厚生省のウェブサイトが、誤訳まみれだと話題になりました。命を守るための重要なお知らせのはずが、誤訳されていたら正確に伝わるはずがありません。読み手の安全を守るどころか、むしろ混乱を招いてしまいます。誤訳は機械翻訳に頼ったことが原因だったとされていますが、主語がなく、婉曲的な表現を好む日本語を翻訳するにはやはりプロの翻訳家に任せるのが一番です。

・翻訳の質が違う

プロジェクト内容が重要であればあるほど、翻訳の質は高くなければなりません。良い翻訳とは、意味が理解できるだけでは不十分です。例えば、語調が統一されていない訳文などはもってのほかですし、文章のテイストにバラつきがある訳文も許しがたいものです。しかし、翻訳会社やオンライン翻訳サービスに依頼すれば、質の高い翻訳文書が完成します。集客のためにさんざん頭をひねって考えたキャッチコピーが、翻訳しても原文と同じ効果を発揮してくれるかどうかは、翻訳家の腕にかかっています。翻訳会社に外注することで、ネイティブチェックが入るのはもちろん、経験豊富な校閲者の手でより洗練された文書に仕上げられます。

・プロジェクトが早く完了する

翻訳プロジェクトを内製にすれば、プロジェクトが早く完了すると考える人もいるようです。確かに、翻訳テキストに変更があっても内製ならすぐに対応できますし、進捗状況のチェックもしやすいでしょう。しかし、語学に堪能な人物が、必ずしもすばらしい翻訳者になれる訳ではありません。なんとか完成したかのように思える翻訳文書でも、訳抜けや誤訳を防ぐために何度も繰り返しチェックをする必要があるでしょう。場合によっては、翻訳チェッカーを外注しなければならないなど、余計な手間がかかってしまう恐れも。その点、翻訳会社やオンライン翻訳サービスに外注すれば、チェック済みの納品物が上がってきますから、プロジェクトの完了が早まります。

企業の信頼性を高めるために

翻訳に力を入れるべき理由は、なによりも企業の信頼性を高めることにあります。見過ごされがちな分野ですが、翻訳プロジェクトは海外展開が成功するかどうかの大きなポイントです。実用化されている機械翻訳も、残念ながら万能ではありません。適当な翻訳でお茶を濁すよりも、プロの翻訳家に外注したほうが確実な手応えを得られるでしょう。

 

翻訳というのは相手にきちんと伝わらなければ意味がありません。英語から日本語であれば、英語を理解する能力があれば良いと思われるかもしれませんが、日本語の能力も高くなければ翻訳をすることは出来ません。Webで翻訳の翻訳は言語力を高める為に常に努力を重ねています。プロの翻訳家の能力をWebで翻訳でご覧ください。

 

↓この記事が「いいね!」と感じましたら下のバナーをクリックお願いします!↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へにほんブログ村

 

web-trans

 

 

【見極めポイントはこの3つ!】正しい翻訳会社の選び方とは?

 

 

翻訳開始「前」に翻訳者へ提供するべき情報

 

 

機械翻訳に頼りっきりになるのはまだ危険?使用時に気をつけたいこと