オーディオブックで英語を「ながら」勉強!おすすめアプリ5つ

 

英語学習に便利なスマホアプリを活用している人もたくさんいらっしゃるでしょう。山ほどある英語学習アプリですが、リスニング力を鍛えたいなら「オーディオブック」のアプリを使ってみてはいかがでしょうか?今回は、オーディオブックアプリのおすすめをご紹介します。

 

オーディオブックを活用するメリット

英語を習得したいけど、「忙しくて、英語を勉強する時間がない」という人もいらっしゃるでしょう。そんな人におすすめなのが、オーディオブックです。オーディオブックのアプリを活用すれば、家事や運転しながらはもちろん、ちょっとした隙間時間に英語の勉強をすることが可能に。オーディオブックなら、自分の興味のある分野の本を選んで聞くので、飽きずに勉強を続けることができるでしょう。また、オーディオブックで英語を聞く習慣をつければ、リスニング力もグンッと向上するはずです。

 

おすすめのオーディオブックアプリ5

無料にこだわる人に『Oodles

約5万冊もの著作権の切れた本が収録されている『Oodles』。世界の名作や英米文学をただ無料で読めるだけでなく、オーディオブックとして音声でも楽しむことができます。一度ダウンロードしておけば、オフライン環境でも聞くことが可能に。対応言語は、英語とヒンディー語のみです。100カテゴリーがあり、たくさんの本が収録されているため、「どの本を聞こうか?」と迷ってしまうときには、「TOP BOOK」や「TOP AUTHORS」を開きましょう。そうすれば、知っている本や読んでみたかった本、心惹かれる本にめぐり合うことができるはずですよ。

新しい本との出会いなら『AudioBooks

「Inkstone Software」社が提供しているこちらのアプリは、なんと12万冊以上もの本を無料で聞くことができます。それだけではなく、毎日、新しい本が追加されているのだそう。日本語や英語のほか、16言語も対応しているため、自分が学びたい言語をチョイスできるのがいいですね。英語の学習はもちろん、有名な日本文学もたくさん収録されているので、これまで読む機会がなかった本を聞いてみることもできるでしょう。

英語学習におすすめ『Scribd – audiobooks & ebooks

こちらのアプリでは、話題の本を1ヶ月わずか$9.99で楽しめてしまいます。英語やイタリア語、フランス語やドイツ語など、9つの言語に対応。言語学習者に嬉しい音声スピード調節機能と、スリープタイマー機能が付いています。音声スピード調節機能を使えば、「朗読が早すぎて理解できなかった!」なんてことはありません。また、オーディオブックを聞きながら眠りに就きたいときには、スリープタイマー機能を活用できるでしょう。

英語以外の言語学習にも『Audiobooks.com : Get audiobooks

「RB Audiobooks USA」社が提供しているこちらのオーディオブックアプリは、なんと31言語に対応。主要なヨーロッパ言語に加え、タイ語やフィリピン語、中国語や韓国語などアジアの言語でも利用できます。15万冊のうち8千冊の本が無料で利用でき、70万ものポッドキャストを無料で楽しむことが可能に。登録ユーザーになると、有料本の中から2冊無料でゲットできるなど、毎月嬉しい特典が付きます。

断トツのタイトル数を誇る『Amazon オーディオブックーAudible(オーディブル)』

ベストセラー本、人気作家の本など40万冊以上の本にめぐり合えるアプリです。英語と日本語、イタリア語とスペイン語、ドイツ語とフランス語の6言語に対応。音声スピード調整機能付きなのでリスニングをトレーニングできたり、ブックマーク機能を使って繰り返して聴きたい部分にマークを付けることができたりと、英語学習者に役立つこと間違いなし。スリープタイマー機能も付いているので、就寝前の英語学習にも最適です。

 

リスニング力を鍛えるには常に外国語を聞いている方が高まります。現在のコロナ禍では海外から来る人が制限されている為、街中に出ても外国語が聞こえてくることが少なくなりました。こういう外出が制限されている時だからこそ、オーディオブックやオンライン英会話などで外国語力を高める良い機会になると思います。Webで翻訳のお客様に聞いてみても、コロナ禍だからこそ外国語からの翻訳や外国語への翻訳が必要になってきていると聞きます。自宅で過ごす時間が長いこの時期に少しでも自分の能力アップが出来たら素敵ですよね。

 

↓この記事が「いいね!」と感じましたら下のバナーをクリックお願いします!
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へにほんブログ村

 

web-trans

 

 

通信講座で翻訳学習をするメリットは?通信講座を選ぶときのポイント

 

 

日本のニュースを英語で学ぼう!おすすめ厳選サイト3つ