いつまでも色褪せない魅力に満ちた「赤毛のアン」から学ぶ英語表現

 

いまでも世界中の人々に親しまれている不朽の名作「赤毛のアン」。素敵なセリフがたくさん登場することで知られていますが、その中から使える英語表現をいくつかご紹介します。

 

 

 People laugh at me because I use big words. But if you have big ideas, you have to use big words to express them, haven’t you?

「みんな私が大げさな物言いをするって笑うの。でも、すごいアイデアを持っているんだったら、大げさな言い方をしなきゃいけないわ。そうでしょ?」と言うアン。一方、彼女の話を聞いていたマシューは、「Well now,that seems reasonable.(そうさな、そうなのかもなあ)」と答えます。「Big word」とは、もったいぶった言葉や難解な言葉という意味です。どちらかと言えば、偉ぶりたい人がわざともったいぶった物言いをする、というネガティブなイメージがあります。

 I can’t cheer up — I don’t want to cheer up. It’s nicer to be miserable!

クイーン学院に入学することが決まり、マシューとマリラのもとを離れ、町で下宿生活を送ることになったアン。ホームシックにかかり、弱気になって「元気になんてなれないわ。元気になんてなりたくもない。みじめなほうがましよ」と、涙を流しながら独り呟いたセリフです。

 Anne has as many shades as a rainbow and every shade is the prettiest while it lasts.

アンの親友ダイアナの親族で、口やかましい老婦人のミス・バーリー。彼女が休んでいたベッドに、それとは知らずに、アンとダイアナがふざけて飛び乗った過去があります。気難しい人物として恐れられていますが、アンに対しては親愛の情を感じているらしく、「アンは虹のように色彩豊かで、どの色が現れてもとても美しいんです」と述べました。詩的な表現を好んで使うところが、アンと似ているのかもしれませんね。

 I’ve done my best, and I begin to understand what is meant by ‘the joy of strife’. Next to trying and winning, the best thing is trying and failing.

「最善は尽くしたわ。『努力の喜び』がなんたるものか、ようやくわかりだしたの。挑戦して勝利する、その次にいい事は、挑戦して落ちることよ」。これは試験が終わって、アンが友人たちに述べた言葉です。「Strife」とは闘争や争いという意味がありますが、ここでは試験に受かるために死に物狂いで頑張ること、という意味があります。

 I can’t. I’m in the depths of despair. Can you eat when you are in the depths of despair?

じつは働き手として男の子が欲しかった、マリラとマシュー。そのことを知って食欲がなくなったアンを見て、「まるっきり食べていないじゃない」というマリラ。アンは、「食べられないわ。私、絶望の淵にいるんですもの。(マリラおばさんは)絶望の真っ只中にいる最中に、ご飯を食べられるの?」と述べました。子どものセリフにしては生意気に聞こえるかもしれませんが、がっかりしているときなどに使える表現ですね。

 I don’t know, I don’t want to talk as much… It’s nicer to think dear, pretty thoughts and keep them in one’s heart, like treasures. I don’t like to have them laughed at or wondered over.

成長したアンは、以前よりも口数が少なくなります。そのことを寂しく感じるマリラが、あまり話さなくなったのはなぜかと尋ねると、「わからないわ。あまり話したくないの。大切な、美しい考えは宝物のように心に仕舞っておくほうが素敵よ。笑われたり、変なことだなんて言われたくないもの」とアンは答えます。「dear」には、大切な、愛しい、価値が高いという意味があります。

 Well, that is another hope gone. ‘My life is a perfect graveyard of buried hopes.’  That’s a sentence I read in a book once, and I say it over to comfort myself whenever I’m disappointed in anything.

アンは大人になったら赤い髪の毛が別の色に変わるだろうか、とマリラに訊ねました。髪の色が変わるなんてことはないだろうとの返答に対し、アンは「これでまた一つ希望が消えたわ。わたしの人生は、完全に「うずもれた希望の墓場」だわ。これは、いつか本で読んだ文句なの。なにかにがっかりしたときには、この文句を言って自分を慰めてるの」と言いました。アン曰く、「My life is a perfect graveyard of buried hopes」というセリフには、ロマンチックな響きがあって、悲劇のヒロインぶるのにぴったりな文句なのだそうです。

 Life is worth living as long as there’s a laugh in it.

「そこに笑いがある限り、人生には生きる価値がある」。ポジティブなこの言葉は、赤毛のアンの真髄なのかもしれません。

 

「赤毛のアン」を子供の頃に読んだことがある方もいるかと思いますが、大人になってから読むと子供の時とは違う目線、違う感性で読むことが出来、大人目線で「赤毛のアン」を味わうことが出来ます。また、原文で読むことによって原文でのアンと日本語訳でのアンの違いを知ることが出来るかもしれません。今年の年末は帰省出来ない方も多いと思いますので、「赤毛のアン」を原文で読んでみてはいかがでしょうか?

 

この記事が「いいね!」と感じましたら下のバナーをクリックお願いします
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へにほんブログ村

 

web-trans

 

 

英語で読書を楽しもう!多読におすすめのジュブナイル小説6選

 

あの漫画の英語タイトルは?人気作品7つをご紹介