国際結婚したら「通訳者」を目指すチャンスかも?!

 

国際結婚をしている人の中には、語学関連の仕事に就いている人も多いのではないでしょうか。パートナーが外国人であれば、いつでも好きなときに通訳の練習を行うことができます。今回は、国際結婚をした人が、どのように通訳者としての実力を身に付けることができるのか、その方法についてご紹介します。

 

■海外で仕事を見つけるのはひと苦労

日本を飛び出して海外に住むとなれば、さまざまな問題に直面することでしょう。中でも、異国の地での仕事探しは、スムーズにいかないことも。もちろん、もともと外国で暮らすことに強い憧れを抱いていたのであれば、海外に出ても仕事探しを精力的に行えるかもしれません。しかし、国際結婚をして配偶者の故郷や仕事先の国で暮らすことになった場合には、仕事探しにひと苦労する場合もあるようです。

外国語を学びやすい環境に身を置いていることから、語学関連の仕事に就こうと考える人も少なくありません。所有しているビザが就労可能なタイプであれば、翻訳や通訳のほか、観光ガイド等を仕事にすることが可能でしょう。中には、海外で暮らすようになってから初めて、翻訳や通訳の仕事に目を向けるようになる人もいるようです。

 

■一緒に映画を見ることが同時通訳者の訓練に?

日常会話を問題なくこなせるくらいには語学ができる人でも、プロの翻訳者や通訳者のレベルには遠く及ばない場合もあるでしょう。通訳を学ぶための学校に通ったことがないのであれば、それは当然のことです。しかし、国際結婚をして家族が外国人であるなら、同時通訳の訓練をいつでも行うことができます。

例えば、家族であれば一緒にテレビや映画を見る機会も多いでしょう。日本語の番組や動画を見て楽しそうにしていると、日本語があまり理解できないパートナーや子どもは「いったい何を見てるの?」と、その内容が気になって仕方がないようです。

「さっきなんて言ったの?」「どんな内容の映画なの?」と聞かれると、映画のストーリーに集中できなくなることも。せっかくの寛ぎ時間を台無しにされている気がして、外国人の家族から質問されると煩わしく思ってしまうかもしれません。ですが、ドラマや映画のセリフを逐一通訳してあげるなら、相手も一緒に楽しむことができますし、良い通訳の訓練になります。

 

■挫折を味わうほどモチベーションもアップ

家族のためにドラマや映画のセリフを通訳していると、通訳の瞬発力、もしくは言語の反射神経が鍛えられます。それと同時に、自分の語彙力のなさに気が付くこともしばしば。日常会話ぐらいはマスターしているつもりだったのに、いざ通訳にチャレンジしてみると、自らの圧倒的なボキャブラリー不足に愕然とすることも。確かに、つたない通訳であったとしても、大まかな話の内容を伝えられるかもしれません。しかし、挫折を味わえば味わうほど、「もっと上手に通訳できるようになりたい!」という願いが強まり、語学を学ぶモチベーションを高めることができるでしょう。

とある国際結婚ファミリーのご家庭では、日本人の奥様が英語音声のドラマを日本語字幕付きで見ているときに、非英語圏出身のパートナーの母語に通訳することがあるのだとか。脳がフル回転しそうな状況ですが、日本語字幕を見ながら外国語に訳すことは、「サイトトランスレーション」と呼ばれる通訳訓練法に似ています。サイトトランスレーションとは、原稿を見ながら同時通訳をすることで、実際にプロを目指す通訳者が行う練習方法のひとつです。このように、国際結婚をしている人であれば、通訳になるための練習をいつでも行える恵まれた環境にいるといえるのではないでしょうか。

 

外国語が出来れば翻訳も通訳も出来ると思われることが多々あります。もちろん両方できる人もいますが、基本的には翻訳と通訳は別物だと思って頂いて良いでしょう。Webで翻訳にもときどき「通訳をお願いします」という連絡があります。どんなことでも専門家になることは大変なことです。餅は餅屋と言います。翻訳のことはWebで翻訳にご連絡ください。

 

この記事が「いいね!」と感じましたら下のバナーをクリックお願いします
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へにほんブログ村

 

web-trans

 

 

どうしても英語で伝えたい!意見の「切り出し方」の表現集

 

英語でかっこよく電話対応!スマートな簡単フレーズ