翻訳サービスなら|Webで翻訳│24時間365日プロの翻訳家に直接依頼が出来る翻訳仲介サイト

TOP > 翻訳家向け「Webで翻訳利用規約」

TOPページ サイトマップ
翻訳家登録申請はこちら!
Webで翻訳お客様インタビューのご案内
お支払い方法 カード決済 クレジット決済 請求書払い

法人・大学・研究機関のお客様に限り請求書発行後の銀行振込でのお支払いもお選び頂けます。
詳細はコチラをご覧下さい

翻訳家向け「Webで翻訳利用規約」

「Webで翻訳」翻訳業務契約約款


株式会社インフォシードが運営する「Webで翻訳」のご利用者から発注された翻訳案件の翻訳業務を目的として翻訳家との間で締結する契約(以下、「翻訳業務契約」と総称。)の内容やその申込方法等については、この翻訳業務契約約款(以下、「この契約約款」と総称します。)で定める。翻訳業務契約の申込の前に、必ずこの契約約款の内容を確認しなければならない。


第1条 この契約定款の目的
この契約定款は、株式会社インフォシードが運営する「Webで翻訳」のご利用者から発注された翻訳案件を翻訳家が「翻訳業務」をし、株式会社インフォシードがその報酬を「翻訳料」として翻訳家に支払うことを目的として株式会社インフォシードと翻訳家の間で締結する契約及びその他の事項ならびに株式会社インフォシード及び翻訳家の権利義務等について定める。



第1章 定義


第2条 定義
この契約約款における用語の定義は、別に定めるものを除き、次の通りとする。
1.「翻訳家」とは、この契約約款にもとづき、株式会社インフォシードとの間で翻訳業務契約を締結した者を指す。
2.「ご利用者」とは、株式会社インフォシードが運営する「Webで翻訳」の「Webで翻訳」利用規約に同意した個人あるいは企業を指す。
3.「翻訳業務」とは、ご利用者から他の特定の言語に翻訳する業務を目的とした原稿を、翻訳家が当該特定の言語に翻訳することによって翻訳データを作成し、かつ、当該データをご利用者及び株式会社インフォシードに引き渡すことを指す。
4.「翻訳データ」とは、ご利用者が発注時に作成等した原稿及び翻訳家が翻訳業務において作成した翻訳物の電磁的記録を指す。
5.「翻訳料」とは、翻訳家が行う翻訳業務の対価として株式会社インフォシードが翻訳家に支払う報酬を指す。


第3条 翻訳業務契約の成立要件
翻訳業務契約は、次に掲げるすべての事由を要件として成立するものとする。
1.Webで翻訳上の登録フォームのすべての項目を漏れなく入力したうえ、「翻訳業務契約」に同意をし、登録情報が株式会社インフォシードに到達すること。
2.株式会社インフォシードが翻訳業務契約の申込者(以下、申込者と総称)に対して承諾の意思表示を行うこと。


第4条 翻訳業務契約の成立時期
翻訳業務契約は、法律に別段の定めがある場合を除くほか、株式会社インフォシードが申込者に対して承諾の通知を発信した時に成立するものする。


第5条 契約の承諾を行わない場合
株式会社インフォシードは、次の各号に掲げるいずれかの事由がある場合は、翻訳業務契約の申込に対して承諾を行わないことがあるものとする。
1.申込者がこの契約約款に違反することが明らかに予想される場合。
2.申込者が翻訳業務契約の申込に際し、虚偽の事実を申告した場合。
3.申込者が未成年者の場合。
4.申込者が日本国内に本人名義の銀行口座を有しない場合。
5.申込者が反社会的な団体である場合又は申込者が反社会的な団体の構成員である場合。
6.申込者が株式会社インフォシードの求める翻訳レベルに達していない場合。
7.前各号に定める場合のほか、株式会社インフォシードが業務を行ううえで支障がある場合又は支障が生じる恐れがある場合。



第2章 翻訳家の義務


第6条 翻訳家の義務
1.翻訳家は、この契約定款及びこの契約定款にもとづいて株式会社インフォシードが定める規則に従い、翻訳業務を行わなければならない。
2.翻訳家は、ご利用者の言語的な感性に沿って翻訳業務を努めなければならない。
3.翻訳家は、ご利用者からの翻訳データの文字が化けているときは、ご利用者が用意した翻訳データ自体に問題がある場合があるため、文字を判読できない場合は、翻訳業務に応募及び受注をしないこと。
4.翻訳家は、一度受注した翻訳業務をキャンセルすることは出来ません。翻訳業務を受注する際は、業務内容を十分に検討し、自分のスケジュール及び実力を考慮しなければならない。
5.翻訳家は、納期遅延をしてはならない。納期遅延の理由に関わらず、別途株式会社インフォシードが定める規定に則り、その処置に従わなければならない。
6.翻訳家は、ご利用者と「Webで翻訳」サイト内外で直接金銭の授受及び連絡先等(個人情報、メールアドレス、電話番号、個人情報が判明される可能性がある情報等)の交換をしてはならない。このことによって当事者間の損害、紛争等については、株式会社インフォシードは一切の責任を負わないものとする。また、お客様と「Webで翻訳」サイト内外で直接金銭の授受及び連絡先等(個人情報、メールアドレス、電話番号等)の交換が発覚した際は、株式会社インフォシードが運営するサイト及びブログ内で個人情報等を公表し、削除依頼は受付けないものとする。
7.納品(アップロード)後、最低一週間以内はご利用者より翻訳内容への修正等の依頼があった場合は、必ず修正等を行わなければならない。一週間を過ぎた修正依頼に関しては各翻訳家の判断に任せるものとする。
8.「Webで翻訳」を介して翻訳案件を受注する翻訳家は、自分の翻訳能力が発注側ご利用者によって判定されることに同意したものとし、その判定内容および判定結果が公開されることについて、「Webで翻訳」を運営する株式会社インフォシードおよび判定を行った翻訳案件発注者のいかなる責任をも免除することに同意するものとする。
9.翻訳家は、翻訳業務を第三者に委託してはならない、ただし、株式会社インフォシードが特に認めた場合は、この限りではない。
10.翻訳家は、他のメンバーに依頼が決定した場合及び依頼が消滅した場合は、該当案件の翻訳データを速やかにかつ完全にかつ安全に消去しなければならない。


第7条 パスワード等の管理
1.パスワードおよびユーザーIDの機密保持に関しては翻訳家が責任を負うものとする。また、パスワードおよびユーザーIDを使用して行われるすべての行為については、その責任を翻訳家が負うものとし、株式会社インフォシードは一切の責任を負わないものとする。
2.株式会社インフォシードは、運用する各種サーバー(以下、「運営サーバー」と総称する。)にアクセスしようとする者に対しユーザーID及びパスワードの入力を求めることにより、その者のアクセス権限の有無を確かめるシステム(以下。「照合システム」と総称する。)を用いる。


第8条 翻訳家と第三者との間における紛争
翻訳家は、翻訳業務を行うに際して第三者との間に生じた一切の紛争について、翻訳家自身の責任でこれを解決しなければならない。


第9条 違法行為等の禁止
翻訳家は、翻訳業務を行うに際して、法律、政令、省令、条例、規則により禁止されている行為若しくは公序良俗に反する行為を行い、又は第三者に行わせてはならない。


第10条 翻訳家の翻訳業務契約にもとづく翻訳家の地位について
翻訳家としての地位は、翻訳業務契約を締結した本人のみが利用できるものとする。これを第三者に譲渡、転貸、または担保に供することを禁ずる。


第11条 権利の帰属
翻訳データ及び翻訳された内容については、株式会社インフォシードの運営する「Webで翻訳」に引き渡された時に、別段の意思表示を持たずに、その著作権(著作権法全般)が翻訳家から株式会社インフォシードに転移するものをする。


第12条 機密等の漏洩等の禁止
1.翻訳家は、株式会社インフォシードの事業に関する技術上又は営業上の情報であって公然の事実として知られていないものに関わらず、その入手した情報(以下、本条において「入手情報」と総称する。)の存在もしくは内容を漏らし、又はこれを窃用してはならない。
2.前項の規定は、翻訳業務契約終了後も適用するものとする。
3.翻訳家は、翻訳業務契約の終了時までに、その保有する入手情報を完全にかつ安全に消去しなければならない。また、完全に消去することができないものであって、変換することが可能なものは株式会社インフォシードに返還しなければならない。


第13条 変更の届出
1.翻訳業務契約の申込の際に入力した事項について変更があった場合、その旨及び変更内容を速やかに株式会社インフォシードに届け出なければならない。この変更の届出は、株式会社インフォシードが別途定める方法により行うこととする。
2.株式会社インフォシードは、前項の届出が当社に到達、或は当社が変更の事実を確認するまでは、変更のないものとし翻訳業務委託契約及び経理上の事務を行う。このことによって翻訳家に生じた損害については、一切の責任を負わないものとする。



第3章 翻訳料


第14条 翻訳料の価格
翻訳料に関しては、詳しくは別途「翻訳家Q&Aのページ」を参照。


第15条 翻訳料の支払方法及び支払期限及び支払拒否について
1.株式会社インフォシードは、「Webで翻訳」からの翻訳業務に対する翻訳料は、月ごとに集計され、翻訳データ引渡した日(以下、「納品日」と総称します。)の翌々月の20日に指定銀行口座に振り込むものとする。ただし、20日が土日祝日の場合は、翌営業日に振り込むものとする。振込額(税込)は当月翻訳料(税込)からシステム利用料、源泉徴収税及び復興特別所得税(10.21%)、事務手数料全般を引いた額とする。ただし、システム利用料、源泉徴収税及び復興特別所得税(10.21%)、事務手数料を差し引いた振込額(税込)が10,000円未満の場合、その翻訳料は翌月以降に繰り越すことができるものとする。
2.第2章第6条に違反しているものは上項の通りに支払われない場合がある。
3.翻訳家は、一度受注した翻訳業務をキャンセルすることは出来ないものとする。翻訳業務を受注する際は、業務内容を十分に検討し、自分のスケジュール及び実力を考慮しなければならない。
4.翻訳家が、納品の遅延・未納品・個人情報のやり取り等違反事項が発覚した場合は、株式会社インフォシードは支払の一部或は全額拒否することができる。



第4章 免責


第16条 免責
1.株式会社インフォシードは、翻訳家が翻訳業務を行うに際して翻訳家または第三者に損害が生じた場合において、株式会社インフォシードの過失の有無やその程度に関わらず、損賠の賠償及びその一切の責任を負わないものとする。
2.株式会社インフォシードが翻訳家に対して翻訳損賠賠償を負担する場合には、その賠償額は、株式会社インフォシードが当該損害の翻訳料金の金額範囲に限定されるものとする。



第5章 翻訳業務契約の解除


第17条 翻訳家の行う解除
1.翻訳家は、随意に翻訳業務解約の解除を行うことができる。
2.前項の解除権を行使する場合は、株式会社インフォシードが定める方式に従い、株式会社インフォシードに対して解除通知を行わなければならない。


第18条 株式会社インフォシードが行う解除
株式会社インフォシードは、翻訳家について次の各号に掲げるいずれかの事由があるときは、直ちに無催告で翻訳業務契約の解除を行うことができる。また、本条に定める解除を行った場合であっても、その翻訳家に対する損害賠償権は失わないものとする。
1.翻訳家が、この契約約款で定める義務に違反した場合。
2.翻訳家の翻訳レベルが著しく乏しい場合。
3.翻訳家について破産手続その他の倒産手続が開始した場合。
4.翻訳家が、株式会社インフォシードに対し虚偽の事実を申告した場合。
5.翻訳家が反社会的な団体である場合又は翻訳家が反社会的な団体の構成員である場合。
6.前号に定める場合のほか、株式会社インフォシードが業務を行う上で重大な使用がある場合又は重大な支障が生じる恐れがある場合。



第6章 紛争の解決等


第19条 準拠法
翻訳業務契約の準拠法は、日本国の法令とする。


第20条 裁判管轄
翻訳業務契約に関する訴えについては、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とし、他の裁判所について生じる法廷管轄は、本条における合意をもってこれを排除する。


第21条 紛争の解決の努力
翻訳業務契約に関して紛争が生じたときは、各当事者は、相互の協力にもとづき誠実に解決のための努力をするものとする。



契約約款の改定


第22条 契約約款の改定
株式会社インフォシードは、実施する日を定めてこの契約約款の内容を改定することがある。その場合には、翻訳業務契約の内容は、改定された契約約款の実施日から、改定された契約約款の内容に従って変更されるものとする。

2008年10月23日
株式会社インフォシード

附則(2010年4月1日改定)
この契約約款は、2010年4月1日に改定し、即日実施します。

附則(2011年2月3日改定)
この契約約款は、2011年2月3日に改定し、即日実施します。

附則(2014年4月1日改定)
この契約約款は、2014年4月1日に改定し、即日実施します。

附則(2015年2月4日改定)
この契約約款は、2015年2月4日に改定し、即日実施します。

附則(2016年8月24日改定)
この契約約款は、2016年8月24日に改定し、即日実施します。


ページの先頭へ戻る