翻訳サービスなら|Webで翻訳│24時間365日プロの翻訳家に直接依頼が出来る翻訳仲介サイト

TOP > 「Webで翻訳」利用規約

TOPページ サイトマップ
お客様会員登録
Webで翻訳お客様インタビューのご案内
お支払い方法 カード決済 クレジット決済 請求書払い

法人・大学・研究機関のお客様に限り請求書発行後の銀行振込でのお支払いもお選び頂けます。
詳細はコチラをご覧下さい

「Webで翻訳利用規約」

この規約(以下「本利用規約」といいます)は、株式会社インフォシード(以下「弊社」といいます)が運営するインターネットサービス「Webで翻訳」(以下「本サイト」といいます)において、弊社が提供する各種サービス(以下「本サービス」といいます)の利用の諸条件を定めるものです。



第1条 本サービスの内容及び弊社の役割
1 本サービスは、翻訳発注者と翻訳受注者(ともに次条で定義します)に、翻訳業務委託契約の場・機会を提供するもので、翻訳業務委託契約、受発注、納品等の保証等に関しては、翻訳発注者及び翻訳受注者の自己責任とします。
2 本サービスの内容は、本利用規約に規定するとおりとします。



第2条 定義
本利用規約において、以下の用語は、別途定義されている場合及び文脈上別異に解すべき場合を除き、以下の意味を有するものとします。
(1)「翻訳発注者」とは、本利用規約に同意し、本サービスを利用して翻訳業務を発注する者を指します。
(2)「翻訳受注者」とは、本利用規約に同意し、本サービスを利用して翻訳業務を受注する者を指します。
(3)「ユーザー」とは、翻訳発注者及び翻訳受注者を指します。
(4)「原稿データ」とは、翻訳発注者が翻訳受注者に対して提供する翻訳対象物を指します。
(5)「翻訳データ」とは、原稿データを翻訳受注者が翻訳した成果物を指します。
(6)「ガイド」とは、弊社が定める本サービスに関するガイドを指します。
(7)「コンテンツ」とは、弊社又はユーザーが本サービスに掲載、発信した情報(翻訳データを含みます)を指します。
(8)「代金」とは、翻訳受注者が行った翻訳業務に対する対価を指します。
(9)「利用料」とは、本サービスの利用に関連して、弊社が翻訳受注者から徴収する料金を指します。



第3条 本利用規約への同意及び本利用規約の変更
1 本利用規約への同意及び適用
本利用規約は、本サービスの利用に関する条件をユーザーと弊社との間で定めることを目的とし、ユーザーと弊社の間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。ユーザーは、本利用規約に同意をしたうえで、本利用規約の定めに従って本サービスを利用しなければなりません。ユーザーは、本サービスを利用することにより本規約に同意をしたものとみなされます。
2 未成年者の場合
ユーザーが未成年者である場合は、事前に親権者など法定代理人の包括的な同意を得たうえで本サービスを利用しなければなりません。ユーザーが未成年者である場合は、親権者の同意の有無に関して、弊社から親権者に対し、確認の連絡をする場合があります。
3 本利用規約の変更
弊社は、必要に応じ、本利用規約を変更できるものとします。弊社は、本利用規約を変更した場合には、ユーザーに通知するものとし、通知後、ユーザーが本サービスを利用した場合又は一定期間内にアカウント削除の手続をとらなかった場合には、ユーザーは、本利用規約の変更に同意をしたとみなされるものとします。弊社は、本利用規約の改定、変更によりユーザーに生じたすべての損害について、一切の責任を負いません。



第4条 登録及びアカウント情報
1 ユーザー登録
ユーザー登録は必ず本人が行ってください。また、ユーザー登録の際は必ず正確な情報を入力してください。
2 登録拒否
弊社は、以下各号のいずれかに該当する場合、登録の申請を承認しないことがあります。
(1)第3条第2項の資格を満たしていない場合
(2)過去に本利用規約違反等により、弊社から利用停止等の処分を受けている場合
(3)登録内容に正確ではない情報、又は虚偽の情報が含まれている場合
(4)翻訳受注者が日本国内に本人名義の銀行口座を有しない場合
(5)翻訳受注者が弊社の求める翻訳レベルに達していない場合
(6)弊社の運営、サービス提供又は他のユーザーの利用を妨害、支障をきたす行為を行った場合やそのおそれがあると弊社が判断した場合
(7)暴力団、暴力団員及び暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業に属する者、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団等、テロリスト等、日本政府または外国政府が経済制裁の対象として指定する者(以下上記の9者を総称して「暴力団員等」といいます)、暴力団員等の共生者、その他これらに準ずる者(以下、上記のすべてを総称して「反社会的勢力等」といいます)であると判明した場合、又は、反社会的勢力等が経営に実質的に関与している法人の役員、従業員である等反社会的勢力等と何らかの関係を有していると判明した場合
(8)その他弊社が不適当であると判断する場合
3 ユーザーの確約
ユーザーは、反社会的勢力等のいずれにも該当しないこと、かつ将来にわたっても該当しないこと、および、自ら又は第三者を利用して、暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求行為、取引に関して脅迫的な言動又は暴力を用いる行為、風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて弊社の信用を毀損し又は弊社の業務を妨害する行為、その他これらに準ずる行為を行わないことを確約するものとします。
4 登録内容の変更
ユーザーは、登録内容の変更がある場合は、直ちに変更しなければならず、常にユーザー自身の正確な情報が登録されているよう、登録内容を管理及び修正する責任を負います。登録内容に変更があったにも関わらず、変更を行っていない場合、弊社は、登録内容の変更のないものとして取り扱うことができます。変更の届出があった場合でも、変更登録前に行われた取引や各種手続は、変更前の情報に依拠する場合があります。
5 弊社の免責
ユーザーがユーザー登録や登録内容の変更をしたこと、弊社がユーザー登録を承認しないこと等により生じた損害に関して、弊社は一切責任を負わないものとします。
6 アカウント情報の管理
ユーザーは入力したメールアドレス及びパスワード等(以下「アカウント情報」といいます)を自ら管理する責任を負います。ユーザーは、アカウント情報を第三者に利用させることはできません。
7 アカウント情報の不正利用等
アカウント情報の管理不十分による情報の漏洩、使用上の過誤、第三者の使用、不正アクセス等による損害の責任はユーザーが負うものとし、弊社は一切責任を負わないものとします。また、アカウント情報が不正に利用されたことにより弊社に損害が生じた場合、ユーザーは当該損害を賠償するものとします。
8 アカウント情報の漏えい
アカウント情報が第三者に漏えいした場合又はそのおそれがある場合、速やかに弊社まで連絡するものとします。また、その際に弊社の指示がある場合にはこれに従うものとします。



第5条 ユーザー登録の取消し等
1 ユーザー登録の取消し等
弊社は、ユーザーが以下の各号のいずれかに該当した場合又は該当したと弊社が判断した場合、事前の通知なしに、ユーザー登録の取消し、本サービスの全部もしくは一部へのアクセスの拒否・利用停止等、又はユーザーに関連するコンテンツや情報の全部もしくは一部の削除の措置をとることができるものとします。弊社は、その理由を説明する義務を負わないものとします。なお、弊社は、ユーザーが以下の各号のいずれにも該当しないことを確認するために、弊社が必要と判断する本人確認を行うことができ、確認が完了するまで本サービスの全部もしくは一部へのアクセスの拒否・利用停止等の措置することができます。
(1)法令又は本利用規約に違反した場合
(2)不正行為があった場合
(3)登録した情報が虚偽の情報であると弊社が判断した場合
(4)本利用規約上必要となる手続又は弊社への連絡を行わなかった場合
(5)登録した情報が既存の登録と重複している場合
(6)登録した電話番号又はメールアドレスが不通になったことが判明した場合
(7)ユーザーが債務超過、無資力、支払停止又は支払不能の状態に陥った場合
(8)他のユーザーや第三者に不当に迷惑をかけた場合
(9)登録した金融機関の口座に関し違法または不適切その他の問題があることが当該金融機関による指摘その他により判明した場合
(10) 第4条第2項各号のいずれかに該当する場合
(11) ユーザーが自ら又は第三者をして、暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求行為、脅迫的な言動又は暴力を用いる行為、風評を流布し、偽計を用い又は威力を用いて、信用を毀損又は業務を妨害する行為をした場合
(12)その他弊社がユーザーに相応しくないと判断した場合
2 サービスの利用禁止等
弊社は、本条の措置を受けたユーザーに対し、将来にわたって弊社が提供するサービスの利用及びアクセスを禁止することができるものとします。
3 支払いの留保
弊社は、本条の措置の時点で当ユーザーに支払われることとなっていた金銭等について、違法行為への関与が疑われる場合等、弊社の判断により、支払いを留保することができるものとします。
4 弊社の免責
弊社は、本条の措置により生じる損害について、一切の責任を負わないものとします。



第6条 ユーザーの退会
1 退会の手続
ユーザーは、弊社に退会を希望する旨を問い合わせ、弊社の判断により認められた場合には退会することができます。但し、取引の決済や商品の郵送等取引の手続が未完のものがある場合は退会することができず、ユーザーは、一連の未完の取引を本利用規約に従って遅滞なく円滑に進め、完了させた後、弊社に問い合わせを行わなければなりません。
2 弊社の免責
弊社は、本条の措置により生じる損害について、一切の責任を負わないものとします。
3 データの消去
翻訳受注者は、退会後、本サービスにより取得した情報を速やかに削除しなければなりません。



第7条 禁止事項
(1)弊社は、ユーザー間のやり取りを本サービス内のメッセージボックス以外で行うことを禁止します。
(2)弊社は、ユーザーが本サービス内外で直接金銭の授受及び連絡先等(個人情報、メールアドレス、電話番号、個人情報が判明される可能性がある情報等)の交換や取得を持ちかける行為、外部のサービス(他の翻訳サイト、Twitter、Facebook、mixi、LINE、Skypeを含むがこれに限らない)へ誘導する行為(以下まとめて「禁止事項」といいます)等の取引をすることを禁止します。



第8条 翻訳データの発注
1 発注手続
翻訳発注者は、弊社の定める手続により発注を行うものとします。
2 発注意思等
ユーザーは、発注する意思のない注文、営利を目的とした発注、弊社の判断でいたずら等不当な目的と見受けられる発注を行うことはできません。
3 弊社の免責
発注手続によってユーザー及び第三者に生じる損害につき、弊社は一切責任を負わないものとします。



第9条 翻訳データの納品
1 納品手続
翻訳受注者は、弊社所定の手続に従い翻訳データの納品を行うものとします。弊社は、禁止事項に該当する記載の有無、ユーザーの個人情報に関する記載の有無を確認し、当該記載がある場合には、当該納品を制限することができます。
2 遵守事項等
(1)翻訳受注者は、翻訳データの納品にあたり、著作権法その他の法令を遵守しなければなりません。
(2)翻訳受注者は、翻訳発注者の言語的な感性に沿って翻訳業務に努めなければなりません。
(3)原稿データが文字化けしている場合は受注することを避けなければなりません。
(4)翻訳受注者は、特段の事情がない限り翻訳業務委託契約を解除することはできませんので、自己のスケジュール及び実力を考慮しなければなりません。
(5)納品期日は遵守しなければなりません。
(6)弊社の同意なく翻訳業務を第三者に委託してはなりません。
(7)翻訳受注者は、翻訳業務委託契約が成立しなかった場合、速やかに原稿データを削除しなければなりません。
3 納品に関する本利用規約違反
(1)翻訳データの納品に関して弊社が本利用規約に違反すると判断した場合又は不適切と判断した場合、弊社は、第5条に定める措置のほか、受注行為等を弊社の判断で取り消すことができるものとします。本項に基づく措置によってユーザーに生じる損害について、弊社は一切責任を負わないものとします。
(2)翻訳受注者が納品期日を徒過した場合、弊社が別途ガイドで定める料率にしたがい、代金を減額するものとします。
4 弊社の免責
翻訳データの納品によってユーザー及び第三者に生じる損害につき、弊社は一切責任を負わないものとします。



第10条 支払い及び取引の実行
1 翻訳業務委託契約の成立
(1)翻訳業務委託契約は、弊社が別途ガイドで定める「選んで翻訳」、「急いで翻訳」、「公募で翻訳」から選択するものとします。
(2)「選んで翻訳」及び「公募で翻訳」は、翻訳発注者が翻訳受注者に対して承諾の通知を発信した時に翻訳業務委託契約が成立するものとします。
(3)「急いで翻訳」は、翻訳発注者が決定した時(別途ガイドで定める翻訳受注者の募集期限内に翻訳発注者が翻訳受注者を選択した場合には選択時、翻訳受注者の募集期限を過ぎ、システムで翻訳受注者が自動決定された場合は自動決定時)に翻訳業務委託契約が成立するものとします。
2 支払期限
翻訳業務委託契約が成立した場合、翻訳発注者は、弊社の定める方法により代金を支払うものとします。
3 翻訳データに関するトラブル
翻訳発注者、翻訳受注者の間で翻訳データに関してトラブルが発生した場合には、当該ユーザー間で解決するものとします。ただし、弊社の判断により、弊社も協議に入ることができるものとします。
4 キャンセル
本サービスの利用にあたり、発注後のキャンセルはできないものとします。
5 翻訳データの修正
翻訳データ納品後1週間以内に翻訳発注者より翻訳内容の修正依頼があった場合、原稿データの変更や追加があった場合を除き、翻訳受注者は翻訳発注者の指示に従い修正するよう努めなければならないものとします。翻訳データ納品後1週間を過ぎて翻訳発注者から修正依頼があった場合には、翻訳受注者が自己の判断で修正を行うものとします。
6 支払手続
(1)支払又は決済は本サービスのオンラインシステムを通じて行われるものとし、その詳細は本サービス中のガイドで定められたところに従うものとします。
(2)翻訳受注者は、弊社に対して、翻訳発注者から支払われる代金(決済事業者または収納代行業者から支払われる商品代金に相当する金員を含みます)を代理受領する権限を付与するものとします。翻訳受注者は、弊社が決済事業者及び収納代行者に対して、代金を代理受領する権限を付与するものとします。
(3)弊社は、翻訳受注者に対して立替払いを行い、代金決済を行うことがあります(以下「立替払決済」という)。この場合、翻訳発注者は、立替払い日の属する月の翌月末日(以下「支払期日」という。)までに代金を弊社に対して支払うものとします。
7 不払・支払遅延等
(1)翻訳発注者が本利用規約に従って必要な支払いを行わない場合もしくは遅延した場合又は本サービスに入力したクレジットカードもしくは金融機関の口座の利用が停止された場合には、弊社は、当該翻訳発注者に通知することなく、当該発注者による本サービスの利用を停止することができるほか、第5条に定める措置をとることができるものとします。
(2)未払代金が存在している場合、弊社は、未払代金の回収を第三者に委託することができるものとします。
(3)支払期日までに翻訳発注者が代金を支払わなかった場合、翻訳受注者(弊社が立替払いを行った場合は弊社)は、当該翻訳発注者に対し、年率14.6%の遅延損害金を請求することができるものとします。
8 翻訳業務委託契約の取消
翻訳発注者が代金を支払わない場合もしくは支払いを遅延した場合、翻訳受注者が翻訳データを発送しない場合、その他弊社が必要と認める場合には、弊社は、翻訳業務委託契約を取り消すことができるものとします。
9 弊社の免責
ユーザーが本サービスに入力した決済手段又は金融機関の情報が第三者に利用されたこともしくは入力情報の内容が不正確であったこと又は弊社が本条に基づく措置を行ったこともくしは行わなかったことによってユーザーに生じた損害に関して、弊社は一切責任を負わないものとします。



第11条 翻訳受注者の本サービス利用料
(1)翻訳受注者は、弊社に対し、翻訳業務委託契約が成立した場合、本サービスの利用料として、翻訳業務委託契約においてユーザー間で合意した価格に弊社が別途ガイドにおいて定める料率を乗じた金額を支払うものとします。
(2)本サービスの利用料は、代金から差し引く方法により徴収されるものとし、翻訳受注者は、弊社が代金から本サービスの利用料を差し引く方法により徴収することにつき、予め同意するものとします。



第12条 本サービスの中断・終了及び変更
1 本サービスの中断
弊社は、以下の各号のいずれかに該当する場合には、ユーザーに事前に通知することなく一時的に本サービスの全部又は一部を中断することができるものとします。その際、ユーザーに損害が発生した場合であっても、弊社は一切の責任を負わないものとします。
(1)サーバー、通信回線、その他の設備の故障、障害の発生又はその他の理由により本サービスの提供ができなくなった場合
(2)システム(サーバー、通信回線や電源、それらを収容する建築物などを含む)の保守、点検、修理、変更を定期的に又は緊急に行う場合
(3)火災、停電等により本サービスの提供ができなくなった場合
(4)地震、噴火、洪水、津波等の天災により本サービスの提供ができなくなった場合
(5)戦争、変乱、暴動、騒乱、労働争議等その他不可抗力により本サービスの提供ができなくなった場合
(6)法令又はこれに基づく措置により本サービスの提供ができなくなった場合
(7)その他、運用上又は技術上弊社が本サービスの一時的な中断を必要と判断した場合
2 本サービスの終了及び変更
弊社は、任意の理由により、ユーザーへの事前通知をすることなく、いつでも本サービスの全部又は一部を終了及び変更できるものとします。
弊社は、前項の本サービスの終了及び変更による損害について、ユーザー及び第三者に対して一切責任を負わないものとします。



第13条 知的財産権及びコンテンツ
1 知的財産権等の帰属
本サービスを構成するすべての素材に関する権利は、弊社又は当該権利を有する第三者に帰属しています。ユーザーは、本サービスのすべての素材に関して、一切の権利を取得することはないものとし、権利者の許可なく、所有権、著作権を含む一切の知的財産権、肖像権、パブリシティー権等、コンテンツ素材に関する権利を侵害する一切の行為をしてはならないものとします。本利用規約に基づく本サービスの利用の許諾は、本サービスに関する弊社又は当該権利を有する第三者の権利の使用許諾を意味するものではありません。
2 コンテンツに関する責任
ユーザーがサービスに関連して発信した内容及び翻訳データに関する一切の責任は、当該ユーザーが負うものとし、弊社は、その内容、品質、正確性、信憑性、適法性、最新性、有用性等について、確認いたしません。また、弊社はそれらに関して一切保証せず、一切責任を負わないものとします。
3 コンテンツの内容等
ユーザーは、他のユーザーが発信又は掲載するコンテンツに対して、その内容、品質、正確性、信憑性、適法性、最新性、有用性等を、ユーザーご自身で判断する必要があります。弊社は、ユーザー及び第三者が弊社のコンテンツを利用することにより生じる損害について、一切責任を負わないものとします。
4 バックアップ
弊社はコンテンツのバックアップを行う義務を負わないものとします(もっとも、運営上原稿データ及び翻訳データは6か月間サーバーに保存され、その後自動的に消去されます)。ユーザーは、コンテンツのバックアップが必要な場合には、自己の費用と責任でこれを行うものとします。
5 コンテンツの変更及び削除
弊社は、ユーザーが本利用規約に違反又は本利用規約の精神に照らして不適切な行為を行ったと弊社が判断した場合、当該ユーザーが掲載したあらゆるコンテンツを、事前の通知なしに変更及び削除できるものとします。



第14条 ユーザーの責任及び接続環境等
1 必要な機器の準備等
本サービスの提供を受けるために必要な、コンピュータ、スマートフォンその他の機器、ソフトウェア、通信回線その他の通信環境等は、ユーザーの費用と責任において準備し維持するものとします。また、その機器・ソフトウェア・通信環境等の設置や操作についても、ユーザーの費用と責任で行う必要があります。弊社は、本サービスがあらゆる機器等に適合することを保証するものではなく、機器等の準備、設置、操作に関し、一切関与せず、ユーザーに対するサポートも行いません。
2 ネットワークの経由等
ユーザーは、本サービスを利用する際に、種々のネットワークを経由する場合があることを理解し、接続しているネットワークや機器等によっては、それらに接続したり、それらを通過するために、データや信号等の内容が変更される可能性があることを理解したうえで、本サービスを利用するものとし、かかる変更について弊社は一切責任を負わないものとします。
3 各種手続の成立時期
ユーザーがインターネット回線を通じて行う本サービスへの入力、受発注、退会、その他の手続は、弊社のサーバーに当該手続に関するデータが送信され、弊社のシステムに当該手続の内容が反映された時点をもって有効に成立するものとします。
4 トラブルの解決
本サービスに関連してユーザー間又はユーザーと第三者間で発生したトラブル(本サービスを将来利用するという前提の下で起こったトラブルを含む。)に関して、ユーザーは各自の費用及び責任で解決するものとし、弊社は一切の責任を負わないものとします。ただし、弊社は、トラブルの解決に必要と判断した場合、ユーザーの登録情報の開示を含む必要な措置をとることができます。
5 第三者との紛争解決
ユーザーと第三者との間で、本サービスに関連して、裁判やクレーム、請求等あらゆるトラブルを含む紛争が生じた場合、ユーザー各自の責任や費用で解決するものとし、弊社は、当該紛争に関し、一切関与しません。ユーザーは、当該紛争の対応のために弊社に生じた弁護士費用を含むあらゆる費用及び賠償金等を、連帯して賠償するものとします。
6 費用の負担
弊社とユーザー間で紛争が生じた場合、当該紛争に関連して弊社に発生した弁護士費用を含むあらゆる費用を、当該ユーザーは連帯して負担することに同意するものとします。



第15条 非保証及び免責
1 内容等に関する非保証
弊社は、本サービスの内容・品質・水準、本サービスの安定的な提供、本サービスの利用に伴う結果等については、一切保証しません。
2 弊社の免責
本サービス提供における、不正確、不適切、不明瞭な内容、表現、行為等により、ユーザー及び第三者に対して損害が生じた場合、故意・過失の有無にかかわらず、弊社は、当該損害について一切責任を負わないものとします。
3 アドバイス等の非保証
弊社は、ユーザーに対して、適宜情報提供やアドバイスを行うことがありますが、それらに対して責任を負うものではありません。また、そのアドバイスや情報提供の正確性や有用性を保証しません。
4 コンピュータウィルス等に関する非保証
本サービスに関連するコンテンツの中に、コンピュータウィルス等有害なものが含まれていないことに関して、一切保証しません。本サービスに関連するコンテンツの中に、コンピュータウィルス等有害なものが含まれていたことにより生じた損害について、ユーザー及び第三者に対して弊社は一切責任を負わないものとします。
5 機器等に関する免責
ユーザーが利用した機器・通信回線・ソフトウェア等によりユーザー又は第三者に生じた損害に関しまして、弊社は一切責任を負わないものとします。
6 通信障害等に関する免責
本サービスへのアクセス不能、ユーザーのコンピュータにおける障害、エラー、バグの発生等、及び、本サービスに関連するコンピュータ、システム、通信回線等の障害に関しまして、弊社は一切責任を負わないものとします。
7 他のウェブサイトに関する免責
ユーザーが書き込んだ他のウェブサイト等へのURLにより、そのリンク先で生じた損害に関して、弊社は一切責任を負わないものとします。



第16条 損害賠償
1 ユーザーの責任及び弊社の免責
(1)ユーザーが本利用規約に違反した場合、故意過失を問わず、当該ユーザーが、当該違反により損害を受けたユーザー及び第三者に対する損害賠償責任を含む、一切の責任を負うものとします。ユーザーがかかる違反行為を行ったことにより、弊社が損害を被った場合は、当事者は連帯して当該損害を賠償するものとします。
(2)ユーザーが第7条に違反した場合、ユーザーは、前号に定める損害賠償とは別に、違約金として、第7条違反がなければ弊社に支払われていたと推定される利用料の2倍の金額(100万円に満たない場合には100万円)を連帯して支払うものとします。
2 弊社の損害賠償責任
弊社は、弊社による本サービスの提供の停止、終了又は変更、ユーザー登録の取消、コンテンツの削除又は消失、本サービスの利用によるデータの消失又は機器の故障等、その他本サービスに関連してユーザーが被った損害につき、賠償する責任を一切負わないものとします。なお、消費者契約法の適用その他の理由により、本項その他弊社の損害賠償責任を免責する規定にかかわらず弊社がユーザーに対して損害賠償責任を負う場合においても、弊社の責任は、弊社の過失(重過失を除きます)による債務不履行又は不法行為によりユーザーに生じた損害のうち現実に発生した直接かつ通常の損害に限り、かつ、当該ユーザーから受領した代金の累積総額を上限とします。



第17条 一般条項
1 通知
(1)本サービスに関する弊社からユーザーへの通知・連絡は、弊社が運営するウェブサイト又はアプリケーション内の適宜の場所への掲示その他、弊社が適当と判断する方法により行なうものとします。弊社は、個々のユーザーに通知及び連絡をする必要があると判断した際、ユーザー情報の電子メールアドレス、住所又は電話番号に対し、メッセージ機能、電子メール、郵便又は電話等を用いて通知及び連絡を行うことがあります。
弊社からの通知及び連絡が不着であったり遅延したりといったことによって生じる損害について、弊社は一切の責任を負いません。
(2)ユーザーが弊社に通知、連絡又は問い合わせをする必要が生じた場合、本サービスのお問い合わせフォームや電話を利用するものとし、来訪を行うことはできないものとします。弊社は、かかる連絡又は問い合わせがあった場合、弊社が定める方法により、ユーザーの本人確認を行うことができるものとします。また、問合せに対する回答方法に関しては、弊社が適切と考える回答方法を利用することができるものとし、その回答方法をユーザーが決めることはできないものとします。
2 譲渡禁止
ユーザーは、弊社の書面による事前の承諾なく、本利用規約に基づく契約上の地位又は本利用規約に基づく権利もしくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、貸与、その他の処分をすることはできません。
3 機密等の漏洩の禁止
ユーザーは、翻訳業務委託契約終了の前後問わず、弊社の事業に関する技術上又は営業上の情報の存在若しくは内容を漏洩してはなりません。
4 事業譲渡
弊社が本サービスに係る事業を第三者に譲渡する場合(事業譲渡、会社分割その他本サービスが移転する一切の場合を含む。)には、当該事業の譲渡に伴い、ユーザーの本利用規約に基づく契約上の地位、本規約に基づく権利・義務及びユーザー登録に伴い登録された情報その他の情報を、弊社は当該事業の譲受人に譲渡することができるものとし、ユーザーは、かかる譲渡につき予め承諾するものとします。
5 分離可能性
本利用規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効と判断された場合であっても、本利用規約の残りの規定及び一部が無効と判断された規定の残りの部分は、継続して有効に存続し、当該無効とされた条項又はその一部を、有効とするために必要な範囲で修正し、当該無効とされた条項又はその一部の趣旨及び法律的経済的に同等の効果が確保されるよう解釈されるものとします。
6 定めのない事項等
本利用規約に定めのない事項又は本利用規約の解釈に疑義が生じた場合には、ユーザーは、弊社の定めるところに従うものとします。これにより解決しない場合には、弊社及びユーザーは、信義誠実の原則に従って協議の上速やかに解決を図るものとします。
7 言語
本利用規約は、日本語を正文とします。本利用規約につき、参考のために英語による翻訳文が作成された場合でも、日本語の正文のみが契約としての効力を有するものとし、英訳はいかなる効力も有しないものとします。
8 準拠法及び裁判管轄
本利用規約は、日本法に基づき解釈されるものとし、ユーザーと弊社の間で生じた紛争については、その内容に応じて東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。



本サイトのサービス利用解除
A) お客様は本サイトのサービス利用解除を本サイトの定める方法にのっとりいつでも行うことができます。その際、既に翻訳発注しているものがある場合は、その料金の支払義務は生じます。まだ、利用解除を行った場合であっても、すでに本サイトに支払った利用料金等の償還を受けることはできないものとします。
B) お客様が、この利用規約で定める禁止行為に違反した場合。
C) お客様が、株式会社インフォシードに対し虚偽の事実を申告した場合。
D) お客様が反社会的な団体である場合又はお客様が反社会的な団体の構成員である場合。
E) 前号に定める場合のほか、株式会社インフォシードが業務を行う上で重大な支障がある場合又は重大な支障が生じる恐れがある場合。


2008年10月23日
株式会社インフォシード

附則(2010年4月1日改定)
この契約約款は、2010年4月1日に改定し、即日実施します。

附則(2011年2月3日改定)
この契約約款は、2011年2月3日に改定し、即日実施します。

附則(2014年4月1日改定)
この契約約款は、2014年4月1日に改定し、即日実施します。

附則(2015年2月4日改定)
この契約約款は、2015年2月4日に改定し、即日実施します。

附則(2016年8月24日改定)
この契約約款は、2016年8月24日に改定し、即日実施します。

附則(2017年11月29日改定)
この契約約款は、2017年11月29日に改定し、即日実施します。

附則(2018年4月1日改定)
この契約約款は、2018年4月1日に改定し、即日実施します。

ページの先頭へ戻る